読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クッションが激安!ゲルザブエフェクスがおすすめ |

アドレスV125に付けてみました。座席が硬くてお尻が痛かったのですが、かなり和らぎました。先日!日帰りツーリングをしましたが!以前はお知りが痛かったのですが!今回装着後は痛くなりませんでした。

コレです♪

2017年02月28日 ランキング上位商品↑

エフェクス ゲルザブ クッションEFFEX 【エフェクス】 GEL-ZAB R 【ゲルザブR】 ゲル内蔵クッション (310/360x310mm) 【EHZ3136】

詳しくはこちら b y 楽 天

ゲルザブの裏面はシートに密着性が良いので、コーナリングでずれ難いですね。それとシートがわずかに高く、幅も広くなるので足つきに少しだけ影響します。装着した後の足付き性も以前と殆ど変わらず!装着後の違和感は感じませんでした。目線が高くなる訳ではないですが、これを気に入るかどうかはそれぞれ個人的な好みになると思われます。星の数4つにした理由は、「GEL-ZAB」本体の幅が愛車のシート幅に対して若干狭いのと、本体のテープの長さが少し短いから。でも!以前はすぐお尻が痛くなり始めたことを考えると!かなり効果があったと考えていいのではないでしょうか。また!装着後の足つき性のほうは良好で!信号待ち時でも全く問題ありませんでした。しかし!お尻がいったん痛くなってしまうと痛いままです。もう少し固めのシートにお乗りの方なら!効果は出るかもしれませんが。ちなみに、愛車のシート高は79cmで、自分の身長は168cm。ショップの対応も非常に速く!また連絡も丁寧で大変好感が持てました。普段、2〜300キロも走ればお尻痛いって言ってましたけど、今回は400キロくらいまではまぁまぁいけたらしいです。VTR250は片方だけ足りませんでした。それからシートを巻き込むようにマジックテープが前後に付いているのですが少し足りませんでした。VTR につける前に私のオフ車(250)につけて高速を2日で800kmほど爆走(かなり休み休みのノンビリ爆走)しましたがお尻は痛くなりませんでした。「投稿日:2009年10月06日」の男、今度は自分用に購入です。ただし、後ろ側のベルクロはそんなに長くて余裕があるわけでもないので、シート断面積の広い車種やシートがフレームに深く被る車種への取り付けには対策が必要だと思います。このゲルザブ内蔵シートでは一日で下道360kmを走りました。車種や個人差によって感じ方がだいぶ違うと思いますのであえて★一つマイナスにしていますが、私の場合買って大正解でした。まだ長距離を走っていないので正しい評価はできないかもしれませんが、明らかに尻への圧力が減っている感じがします。最終的には850キロを一日で走破しましたが、ギブアップはしなかったですねぇ〜。硬いシートのバイクでロングするならお勧めです。造り、見た目もグーです。。商品の方は、止めバックルは、前部分の方が左右併せてあと10センチ長ければ良かったですね。あと、真夏のでしたのでゲルザブが直射日光などでいったん温まってしまうと、なかなか熱が逃げない様な気がします。昨年、ゲルザブつけて2日で800km走ったオフ車のシートがへたってしまい、100-150kmでかなりお尻が痛くなるようになったので、最近、バイク店で整備と同時にシートをゲルザブ内蔵にしてもらいました。(追記)本日装着後初ツーリングしてきました。愛車「カワサキZRX1200R」のシートに「GEL-ZAB」を装着後、日帰りツーリング(距離にして約340km)に行ってきましたが、疲労感が多少軽減されたように思います。横幅がほそいので!私の大きいお尻ははみ出してしまいます。結論!う〜ん!そんなに劇的な効果はない様な…(^_^;)。しかし数量限定ながらこの価格は楽天イチお得なので購入です。250km位のツーリングで試してみた所、前半のお尻の痛みがだいぶ軽減されました。私のバイクはツーリング向けなので元々シートがいいものが付いているので!疲労感が減少した様には思えない…。ホームセンター等で足らず分を買い足す必要がある場合もあります。とにかく!ゲルザブはすごいです!結構なオヤジになってしまいましたが!YBR125Kで月に1〜2度200km〜300kmの遠出をするのを楽しみにしています。1日で870km以上(下道100km以上)走りました!さすがに600-650kmを越えるとお尻がやばいかなという感じが現れましたが、休憩を長めにとる程度でなんとか走りきりました。お勧めではあります。ヤマハのR1Zに乗っているが、シートがへったってきたのか、年のせいか、30分もすると、ケツが痛くなり、マタンキがシビレてくるのでこの商品を購入。装着後は、半日位なら、ケツの痛みなど、なくなった。シートをはずせるタイプのバイクなら装着も簡単だし、シートとゲルザブとの間に、薄いものなら、ウレタンシート、スポンジ等もはさめるので、グーな商品です。でも、やはり痛くはなりました。W650のシートは前端が狭いので取り付け用ベルクロが余ってしまいますが、邪魔になったら切れば済むし、短くて留められないよりはよいので問題ありません。あと、内部にゲルが入ってるだけあって座り心地が独特になります。これで長距離を走るのが楽しみになりました。まだ1回しか使っていませんが100km程走って!途中徐々に痛みは出てきますがかなり緩和されました。因みにホンダのVTR250に乗っています。ゲルザブの値段は高かったのですが!Dimension-3でリピートしたのは他に購入したい物があったからです。買ってよかったです。去年1泊2日で走った800kmを日帰りで650のオンロード・バイクで走ろうと計画していたので急遽購入。やはりゲルザブはスゴイと改めて認識。家族所有の初期型ホンダ VTR250、50kmぐらい走っただけでお尻が痛くなりはじめるので買ってみました。ポイントの優待もあったしね。数日後!下道 200km ほど走るつもりで走り出したのですが!結局!一日中走って 380km。出発の前日に届いたのを早速装着。スーパースポーツなんで、シートの取り外しがしにくいので取り付けが今一です。つけっぱなしなら問題ないですが。その翌日、VTR で軽く下道 100km ほど走りましたが全然大丈夫。注意事項として、VTR250に取り付けるにはマジックテープを買い足す必要があります。普段はいつも座るいすに乗せて使っていますが、、バイクの長距離ツーリング、趣味の乗馬外乗にも使えそうです。毎回30km程を越えると必ずお尻が痛くなるので悩んでいたんですが、行きつけのバイクショップで見つけたのですが定価販売でしたので飛びつきました。シート裏のフレームとの支えに当たらない様に配置するのと座って負担のかかる部分との調整は必要ですが、機能にはとても満足しています。(お尻が蒸れる)アドレスV125には取り付けるときのベルトが短くやり難いです。でも、痛くなるまでの時間は長くなりましたね。まだ長距離での使用はしてないですが!数十分の距離では全然シートの座り心地が良くなりました。でも!なぜかお尻は痛くならなかったです。さっそくW650に装着しました。少しでもシートの座り心地を改善したいのであればオススメです。取り付けはとても簡単ですぐにシートをはずして付ける事ができました。お尻への負担は軽減されたと思います。結局、「お尻が痛い!」というところまでいきませんでした(膝はきつかった)。これは、ロング・ツーリング・モードでかなり小休止をいれたことも関係しているかもしれません。のべ距離は300キロです。 以上です。私が乗ってるバイクは結構古くてシートが硬いのですが!GEL-ZAB装着後は快適になりました。前々から気になってましたが、いかんせん高額でした。旦那のCBRにつけて、GWロングツーリング行きました。バイクはいい!ゲルザブ、取り付けも簡単。結構いいです。